子供用日焼け止めの選び方

「SPF」と「PA」の数字の意味を知ろう

日焼け止めには必ず「SPF」と「PA」って表示していますね、なんとなく表示のことは知ってるけど、どういう意味なんだろうって思っている方いらっしゃいません?
ここでは、「SPF」と「PA」の意味についてお答えしますね。

PAとは

まずは、PAについてお答えしますね。

よくパッケージにはPA++とか書いていますよね

PAとは、Protection Grade of UVA プロテクショングレードオブUVA の最初の文字と最後の文字から来ています。PAとは、つまり肌を黒くするUV-A紫外線から守ってくれる強さを示しています。
PAは紫外線UV-Aから守ってくれる強さが4段階に分かれていまして、プラスの数で強さが決まります。

PA+ ・・・UV-Aから守る効果がある
PA++・・・UV-Aから守る効果がかなりある
PA+++・・・UV-Aから守る効果が非常にある
PA++++・・・UV-Aから守る効果が極めて高い

紫外線の基礎知識のところでも申しました通り、UV-Aは、夏場だけではなく、春や秋も、そこそこ降り注いでいますので、子供の日焼け止めは、年中気にしていただきたいですね。

SPFとは

SPFについてお答えしますね。

SPFは、よく数字で表されていますね。SPF30とかいうように。
SPFとは、Sun Protection Factor サン プロテクション ファクターの頭文字から来ています。SPFとは、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となるUV-B紫外線をカットする力を示しています。

この数字は、どれだけUV-Bの日焼けを遅らせるをかの防止効果を表す目安の数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。が、この数値の意味ですが、50だと50時間効いて30だと30時間効くという時間を表すのではありません。

SPFの数値は、2〜50+(50以上は50+と表現)までの数値で表され、日焼けまで、(UV-Bの場合は、紫外線の基礎知識のところでも申しました通り、肌を赤くし、炎症させます。)何倍の時間がかかるかを表しています。

通常ですと、人によって個人差がありますが、UV-B紫外線が当りだしてから日焼けまで、(肌を赤くし、炎症を起こしている状態)だいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる (日焼けまで20分ならば×30倍で600分。つまり10時間)…という意味です。

数値が高いほうが日焼け止めはいいのか?

夏の日焼け止め紫外線を防いでくれる成分には、肌の上で紫外線を吸収する紫外線吸収剤と、肌の上で紫外線を反射させる紫外線散乱剤があります。(「MAARO Strong アロマミルクローション 日焼け止め・虫除け乳液」は、紫外線散乱剤を使用しています。)

そして、注意が必要なのは紫外線吸収剤のほうで、アレルギーの原因となる可能性のある「旧表示指定成分」に含まれているものもあり、お子様の肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

SPF や PAの数値が高いものは、この紫外線吸収剤を配合していたり、専用のクレンジング剤が必要になるものもあり、お子様の肌を考えるのならば、子供には、子供用の日焼け止めがやはりいいと思います。

「MAARO Strong アロマミルクローション 日焼け止め・虫除け乳液」は、SPF30  PA+++の子供用・赤ちゃん用にオススメの日焼け止めで、オーガニックアロマの自然な虫除けにもなるPM2.5の大気汚染にも対策したオススメの子供用日焼け止めです。

子供には、子供用の日焼け止め。
子供用日焼け止め ベビー用日焼け止め

「MAARO Strong アロマミルクローション 日焼け止め・虫除け乳液」のご購入はこちらからどうぞ。
 Amazon.co.jp    yahooショッピング

 

maaro strong home