子供を紫外線とPM2.5大気汚染のWダメージから肌を守るには

子供と楽ししく、外遊び 日焼け止めを忘れずに

子供用日焼け止め

休日に限らず、公園等で楽しく走り回る子供達、みんながキャキャと言ってる声は、本当に幸せな感じがしますよね。

しかし、あのエネルギーはどこからくるのだろうかと不思議ですよね。ほんと、ずっと走り続けて汗だくで遊んでいますよね。
そして気が付けば夕方になっているくらい。
公園だと、車とかが入ってこないから、安全で安心だけど、気をつけたいことはありますよね。

外遊びと、お肌への影響

そう、お肌への影響です。
子供だから大丈夫でしょう。と普通は思いますよね、でも、お肌の影響は、大人になってから現れてきます。

こちらでも、少しお話ししましたが、お肌を守るということは、大人になった時のお肌に差が出るのです。
紫外線による日焼だけでなく、特に街中ですと、幹線道路も大きくて交通量も多い為、排気ガスも気になりますね。

肌へのダメージが増大

子供用日焼け止めさて、排気ガスや大気汚染、紫外線と重なると肌へのダメージが増大することはご存知でしょうか。

汚染物質と紫外線UVA波が重なると、紫外線UVA波のみのときより肌表面の皮脂にあるスクワレンの酸化量が増大するという調査結果もあります。
肌が酸化すると、肌内部にまでダメージを与え、大人女性が気にするシミ・シワ・くすみなどのエイジングサインの原因となります。 子供のように若いうちは回復力が早いので気にしないかもしれませんが、加齢とともに新しいたんぱく質を合成する力は衰えて肌のターンオーバーも遅くなります。

ですから、抗酸化作用に良いと言われますサプリを摂取したりと色々と、大人になると色々大変な事が増えます。
お子様の将来の事を考えると、早い段階から大気汚染からも肌を守ることが大切だと考えます。
また、外気は、排気ガスだけではなく、PM2.5も気になりますよね。 PM2.5とは、皆様ご存知の通り大気汚染です。
政府広報オンラインでは、下記を発表しています。
「PM2.5」による大気汚染 健康に及ぼす影響と日常生活における注意点 PM2.5は直径2.5μm(1μm(マイクロメートル)=1mmの1000分の1)以下の非常に小さな粒子です。発生源は、物の燃焼や火力発電所、工場や事業所、自動車、船舶、航空機などから燃料の燃焼によって排出される硫黄酸化物、窒素酸化物などがこれらのガス状物質が大気中で光やオゾンと反応し、PM2.5が生成されます。

大気汚染ダメージ対策とUVカットを施した日焼け止め「MAARO Strong アロマミルクローション」を塗ることで、肌の酸化ダメージから肌を守りましょう。

そして、酸化した皮脂と日焼け止めは、その日のうちに入浴時に洗い流して清潔な肌を保つことも大切です。
※入浴時には、こういったアイテム(水素水のお風呂)もご利用いただきまして肌を健康にしていくという事も良いと思います。

赤ちゃん 子供用 日焼け止め 虫除け 乳液 MAARO Strong アロマミルクローション 赤ちゃんや、子供に安心して使える日焼け止め・虫除け乳液。では、PM2.5対策にオウゴンエキスを配合、UVA波をカットするPAは『+++』の日焼け止めです。

ぜひ、お子様の肌を守るため、お母さんやご家族の肌を守るためにご愛用いただけますようどうぞ、ご利用くださいませ。

MAARO Strongのお求めはこちらからどうぞ、 Amazonでお求めのお客様 yahooショッピングでお求めのお客様

maaro strong home