ベビー用日焼け止めの必要性

赤ちゃん用日焼け止めの必要性、赤ちゃんのお肌は、特に注意してあげたい。

赤ちゃんにも紫外線対策

赤ちゃんも大好きなお散歩。お出かけの際に気になるのが、お天気や、ベビーが快適に過ごせているかな?ということもありますが、外出で心配なのは、「紫外線」ですよね。

ベビー紫外線のダメージは幼い頃からどんどん蓄積されていき、浴びすぎると、将来のシワやシミ、免疫力の低下や皮膚ガン発症など、様々な病気を引き起こす恐れがあるのです。

そんな将来のリスクの元になる「紫外線」から赤ちゃんを守るために持っておきたいのが、赤ちゃん用の日焼け止め。

赤ちゃんの肌の特徴は?

「赤ちゃんの肌」というとツルツル・すべすべのイメージですよね。親が、赤ちゃんのお肌に触れると、とても気持ちよくって、愛らしくって。


赤ちゃんも生後2~3ヶ月頃になると、皮脂の分泌がおさまり乾燥しやすい状態になってきます。そして肌の厚みは大人の約三分の一と言われています。そして水分量は半分ほどといわれています。かわいい愛され美肌でも、バリア機能を果たす表皮も薄いため、少しの刺激にも反応してしまいます。それが、赤ちゃんの肌なのです。

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

このようにデリケートな赤ちゃんの肌は、紫外線や大気汚染から受けるダメージも大きく、大人になってからのトラブルのリスクに。また、紫外線は将来の皮膚がんや白内障が発症するリスクになりかねません。

また日差しが強いと、やけどや水ぶくれのような状態になってしまうことも。

肌が未熟な赤ちゃんと一緒にお出かけするときには、なるべく、日陰になるようにしてあげて、そして足や腕など肌が露出している部分には、赤ちゃん用の日焼け止めを塗ってケアしてあげましょう。

MAARO Strongは、汗・水に強く、さっと塗っていただける顔・ボディー用の子供用日焼け止めです。

赤ちゃんの日焼け止めはいつから?

生後3ヶ月頃までは赤ちゃんの肌は特に敏感な時期です。ですので、市販の日焼け止めを使用するのはできるだけ控えた方がいいと思います、サンシェードや、日傘などで赤ちゃんに直接日光が当たらないように工夫しましょう。

ノンケミカルのものを選ぶ

日焼け止めを使用する前にまずチェックしたいのが「ノンケミカル」なものかどうかです。特に化学原料である紫外線吸収剤は、刺激が強く、赤ちゃんの肌がかぶれてしまうこともあるので、できる限り避けた方がいいと思います。

MAARO Strongはノンケミカルで、子供の肌にも優しいので、一度ご利用の候補にもお願いします。ただ、不安な場合は、肌に塗る前にパッチテストをお願いします。

ムラにならず、しっかり落とせるものを選ぶ

日中は活躍してくれる赤ちゃん用の日焼け止めですが、長時間肌に残ってしまうと肌に負担がかかってしまします。ご使用時は、のびがよくてムラにならず、簡単に落とせる赤ちゃん用日焼け止めを選ぶようにしましょう。

MAARO Strongは伸びのいいテクスチャーを使用、子供の肌に優しく 大気汚染PM2.5対策成分配も配合しています。また、赤ちゃんや、お子様のお肌への負担を考えて、石鹸で簡単に落とせるようにと設計しております。

MAARO Strongのお求めはこちらからどうぞ、 Amazonでお求めのお客様 yahooショッピングでお求めのお客様

maaro strong home