ブルーライトの影響は、子供の目だけではありません。

ブルーライトのお肌への影響

まだ、世間では知られてないかもしれませんが、ブルーライトは、お肌への影響もあるのです。

ブルーライトって肌にも悪いんですか。目に悪いだけだと思っていました。

この事は、あまりまだご存じない方も多いかもしれません。
近年ブルーライトによる目への影響がメディアでも取り上げられ、一般的な知識として皆様もご存知だとおもいます。
ブルーライトに対して様々な対策グッズも販売されています。 最近では、化粧品なんかにもそういった成分が入っているものがだんだん開発されてきています。

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、紫外線に近い波長で、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。
ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、スマホやパソコンLEDディスプレイや、LED照明などに多く含まれています。
ブルーライト

特に近年では省エネのためにLED照明が急速に普及しており、私たち現代人はブルーライトを浴びる時間も昔に比べるとはるかに長くなってきています。
ブルーライトによる目への影響は、 直接的なダメージを眼球に与えますそれは、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達してしますからです。
スマホを長時間見たり、デスクワークで一日中パソコンを眺めることで目が疲労から回復する時間がなくなり、その結果、網膜に傷害を与え、視力低下のリスクを伴います。 この事は、よく知られている事実だと思います。
また、ブルーライトを長時間浴びていると、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなり、体内時計が狂い、結果として不眠・睡眠の質の低下を招くことになります。

ブルーライトの肌への影響。

そして、大事なことは、ブルーライトは肌へのダメージが大きいことも、近年判ってきました。

ブルーライトは肌の深いところまで浸透し、シミやシワなど肌老化を促進する原因であることがわかってきてます。
肌の真皮より奥の深部に届くため、コラーゲンやエラスチンを破壊するとともに、シミを作る原因になると言われています。
UVA波に近い波長で、ずっと浴びいても、UVA波同様に赤く腫れた(日焼ですね)りしないので、気がつきにくいです。
しかしながら、日々の蓄積で肌にダメージをだんだんと与えていきます。
子供用日焼け止め ブルーライトそして今話題になっていますが、2020年からは、小学生でもタブレット学習導入がなされる検討が進んでいます。
もうすでに私立を中心に導入が済んでいる学校等も結構あるみたいです。
そして、すでに現時点でも、ゲームやスマホ、LED照明の下での学習と、子供たちは幼い段階からブルーライトを浴びて生活をしています。
では、ブルーライトから目や肌を守るためにはどのようにすればよいでしょうか。
・スマホやPCにブルーライトカットシートを張る ※99%近くブルーライトをカットできるシートも多いので、かなり有効です。
・ブルーライトカット眼鏡をする。※ブルーライトカット専用の眼鏡をしたり、通常の眼鏡にブルーライトカットを施したものも多くあります。これらで、目を保護することができます。
・ブルーライトカット対策をした化粧品を使う。※ファンデーションや日焼け止めにブルーライトカット成分を配合した化粧品も増えてきました。LED照明の下で長時間PC作業をする方にはお勧めです。
・ルテインやビルベリー葉エキス配合のサプリメントを飲む。※目の疲れによって失われる栄養素をサプリメントで補うこともお勧めです。

MAARO Strong アロマミルクローション 赤ちゃんや、子供に安心して使える日焼け止め・虫除け乳液では、赤ちゃん 子供用 日焼け止め 虫除け 乳液天然成分ビルベリー葉エキスを配合してブルーライトカット対策をしています。 ビルベリー葉エキスは、現代人の目の疲れにアプローチするサプリメントに配合されることが増え始めており、肌へのブルーライトカット対策成分としても注目されています。
子供用日焼け止めブルーライトは、今では、仕事・生活の便利さには欠かせないツールであるスマホやPC、LED照明から発せられます。
ブルーライトとうまく付き合っていくためにも、ブルーライトから目・肌・体を守る工夫をして、毎日を快適に過ごしましょう。

MAARO Strongのお求めはこちらからどうぞ、 Amazonでお求めのお客様 yahooショッピングでお求めのお客様

maaro strong home