子ども用日焼け止めが なぜ必要なのでしょうか?

子供用日焼け止めの大切さ、紫外線に大気汚染、そして、汗だくで酸化した皮脂が合わさると事による肌へのダメージ 。

子供にとっては毎日が楽しい日 、毎日楽しく遊ぶことばかり考えています。 公園で遊び、走り回って鬼ごっこそして砂場遊びにサッカーなど。 小学生は外出先の野外でも順番にゲームしている姿がよく見かけられますね。

赤ちゃん 子供用 日焼け止め 虫除け 乳液元気で走り回って遊ぶのは、親にとっては何より嬉しいことなんですが、 気になるのは、大気汚染に紫外線、そして、汗だくで酸化した皮脂が合わさると事による肌へのダメージ 。

特に休みの日などは、ずっと子供は遊んでいます。そしてある程度大きくなると、友達だけで公園へ行ったりと、親がつきっきりで居れなくなってしまします。親が居ないときでも、紫外線防止、大気汚染から肌を守ることのを大切に考えたいですね。

子供の成長は本当にあっという間で、赤ちゃんから幼稚園、小学生へと成長するにつれて屋外での活発な遊び時間も増えていきます。そんなとき、子供の肌をどう守ることができるのかを実感するばかりです。

 

子供の日焼けと、将来の肌との関係性。

子供のうちは、みんな同じようにツルツル・スベスベの愛され美肌なのに、大人になってくると、人によって肌の状況や状態が違ってきますよね。

それってすごい悩みになりますし、色々と化粧水や、乳液等を試して毎日のお手入れが大変になってきますよね。

ある美白美肌の女性がおっしゃっていました。

なぜ、そんなに美肌なのですか?と伺ったところ、
それは、日に焼かなかったから。と
子供のころは日焼け止めや、帽子を親が気を付けてくれたから、10,20代の時も、日焼けには気を使っていたからと。
日焼けのダメ―ジから肌を守ることで、この美白美肌がつくれるものなのかと思ったものです。

ツルツル・スベスベの愛され美肌

美肌

日焼けは、特に紫外線A波によるダメージは、夏などの日差しが強い日だけではなく年中同じで、問題は長年の蓄積です。
大人になってからのスキンケアを頑張ることはもちろん大切ですが、

しかしながら、子供のころからの長年の紫外線対策が、大人になってからの美白美肌に大きく影響します。
男の子には、美白というのは関係あるかな?と思われる方も多いかと思いますが、
今は、皮膚ガンと紫外線の関係もよく知られています。

外で、太陽をいっぱい浴びながら走り回って遊ぶという事は、とても大事な事ですが、過度な日焼けから守るためにも、外出の時間に合わせて「MAARO Strong アロマミルクローション 赤ちゃんや、子供に安心して使える日焼け止め・虫除け乳液」の日焼け止めを使うことをお勧めします。
ツルツル・スベスベの愛され美肌の幸せ笑顔で子供達には成長してほしいですね。

赤ちゃんにも紫外線対策

赤ちゃんも大好きなお散歩。お出かけの際に気になるのが、お天気や、ベビーが快適に過ごせているかな?ということもありますが、外出で心配なのは、「紫外線」ですよね。

赤ちゃんのお肌は、特に注意してあげたい。

 

合わせてこちらも合わせてご覧ください。

紫外線とPM2.5大気汚染のWダメージから肌を守るには
ブルーライトの影響は、目だけではありません。

MAARO Strongのお求めはこちらからどうぞ、 Amazonでお求めのお客様 yahooショッピングでお求めのお客様

maaro strong home